予備試験無双

2020年予備試験で上位合格を狙う漢のブログです

予備試験論文の成績(ざっくり)・口述対策

 こんばんは、アポロです。先ほど予備試験論文の成績が届きました。

 ざっくり言うと、Aが5個、Bが2個、Cが1個、Eが1個で、2桁前半の順位でした。短答に引き続き、論文も2桁前半で合格できました。

 ここまで順位が良いのは、流石に予想外でした。嬉しかったので、同じく論文に受かった友達に報告したら、1桁順位の成績が送られてきました笑。自分との点数差も大きいし、完敗でした。自分もまだまだ実力不足です。危うく口述前に天狗になるところでした、ありがとう。

 各科目の成績についての分析は、口述受験後又は最終合格後にやるつもりです。私は応用的な部分をほとんど間違えた上に、実質0点の設問も多いので、本当に知識と事実認定で稼ぎました。普通の予備校講師・合格者と全く違う目線で問題を解いていると思うので、面白い記事が書けると思います。

 

 さて、口述対策についてですが、ここ1週間は、模試を受けたり、口述合格者・口述受験者と毎日練習しています。模試でも練習でも褒められることは多いのですが、少しのミスが大失敗に繋がりかねない恐ろしい試験だと感じています。個人的にこれまで指摘された点は、以下の通りです。

 

 ・質問には端的に答える(二択で迷っても結論ファースト)

 ・わからなくても何か話す(「わからないです」はもったいない)

 ・余計なことは話さない(聞かれてもないのに「定義はわからないのですが〜」等)

 ・聞き返されたら何でも撤回するのは良くない(自信がある部分は維持することも大切)

 ・事案を超集中して聞く(事情を付け足したり、知っている判例に引きつけたりしない)

 ・目立つ言い回し・強調している箇所・キーワードには意味があるので、敏感に察知する

 ・主観的構成要件(故意・不法領得の意思)も忘れない

 ・刑の不均衡について突っ込まれた場合、「量刑上考慮すれば足りる」は便利

 ・自信がある部分は条文まで言っても良い

 ・「請求の原因」と「請求の趣旨」との聞き間違いに注意

 

 また、不合格者の口述再現を沢山読んだところ、やはり不合格者の問答には一定のパターンがあると感じました。簡単に言うと、「基本的な質問に詰まった上に、結論を間違えるということを、複数回繰り返す」ことだと思いました。これさえ回避できればまず落ちないはずです。言い換えれば、「応用的な質問には詰まっても良いし、仮に基本的な質問に詰まっても誘導で正解に辿り着ければ良いし、仮に基本的な質問で間違えても1〜2回なら問題ない」ということになると思います。ここで言う基本的な質問とは、やはり要件事実と構成要件です。そこさえ間違えなければまず落ちません。当日のパフォーマンス次第で合否が決まるのは当然ですが、事前準備の段階でも合否はある程度決まっているという印象です。今日もこの後、同じく口述を受験する優秀な後輩ちゃんと練習します。基本的事項のインプットとアウトプットを毎日繰り返し、口述も2桁前半の順位で合格します!

予備試験論文の結果発表

 こんばんは、アポロです。

 今日の16:00に予備試験論文の結果が出ました。

 結果は、合格でした。

 知識と事実認定でゴリ押ししただけなので、かなり再現性のある合格の仕方だと思います。ただ、おそらく上位合格ではないし、実務の成績も悪いと思います。なので、明日から謙虚に口述対策をしていきます。

予備試験論文の合格発表前夜

 こんばんは、アポロです。予備試験論文の合格発表まで、残り約16時間となりました。非常に落ち着かない気持ちですが、今の気持ちを素直に文字に起こそうと思います。

 『予備試験論文の予想評価・雑感等』やその修正版では、私は「合格している可能性が高い」と書きました。これ自体は、司法試験過去問や選択科目の勉強を進める上で正しい心持ちだったと思います。しかし、日が経つにつれ、多くの間違い等に気づき、自信がなくなっているのが現状です。特に、12月中旬辺りからは、「やはり自分は落ちているのではないか」と本気で思うことが多くなりました。その度にため息をつき、別のことを考えて切り替えてきました。長期間結果を待つことも法曹になるために必要な試練だと割り切っていましたが、想像以上にきつかったです。こんな気持ちになるのはもう嫌なので、なんとか今年受かってて欲しいです。

 そもそも、私はブログの名前通り、予備試験で無双することが目標でした。受験前は、「2桁合格は当然」くらいの気持ちでした。そのため、合格発表前日に怯えている自分など想像もしませんでした。しかし、受験直後に上位合格は無理だと気づき、ある意味予想外の展開になっているというのが現状です。ゲームを買ったり、ドラマを観たりして気を紛らわそうとしましたが、結局友達と話すことが一番良いと気づきました。人間って、こういう弱っている時に、周りの人間の大切さに気づくんですね。そんなことも学べた発表前夜なので、人生の勉強にはなりました。

 こんな状態なので、明日の16時まで平常心を保っていられる気がしません。どうやら、自分のメンタルは人並みだったようです。なので、明日は昼から宅飲みして、泥酔した状態で結果を見ます。

 結果は、明日中にこのブログで報告します。成績が不明な状態なので、受かっても落ちてもかなり簡潔な内容になると思います。

 

『刑法事例演習教材【第3版】』

 こんばんは、アポロです。先日発売された『刑法事例演習教材【第3版】』を購入し、第2版と比較しながら解説を一通り読み直しました。以下、その感想を書きます。

 

 

 ①問題・解説はほとんど変更されていない

 問題については、問題文の日付が「令和」等と変わっているくらいで、実質的には同じです。また、同書の解説は丁寧とは言えないものも多かったので、その辺がもう少し良くなるかと期待したのですが、ほとんど改訂前のものと同じでした。近時の判例への言及も当然増えていますが、あっさり言及されているだけなので、この点も実質的に同じです。追加された解説でかなり勉強になったと感じたのは、178頁の「中止行為→任意性の順に検討されなければならない」という指摘くらいでした。

 

 ②追加された事例は最新判例に関連するものが多い

 まだしっかり検討できていませんが、追加された4つの事例のうち3つは、詐欺罪の承継的共犯・同時傷害の特例・侵害の急迫性等、最新判例に関連するものでした。いずれも近年のホットトピックであり、数年以内に司法試験・予備試験のネタになりそうな問題だと感じました。気が向けば、これらの解答例を作成してみます。さらに気が向けば、それをブログに載せます。

 ③第2版の解答例は全て削除した

 完全に個人的な話になるのですが、これまでブログに掲載していた第2版の解答例を全て削除しました。理由としては、答案としての質が著しく低く、読者に有害であると考えたためです。実はここに解答例を掲載した後、著名な学者の考え方に触れる機会が増え、刑法の答案の書き方・論証・当てはめを大幅に変更しました。それに伴い、多くの解答例を大幅に修正しました。また、ブログに載せた事例に追加して何問か解答例を作成しました。そのため、ここに載せた解答例は、自分の勉強ではほとんど参照していませんでした。それでも削除せずに載せていたのは、読者の方が自分の答案を批判的に検討することで勉強になるという意義があると考えていたからです。ただ、第3版が発売されたことは一つの良い区切りだと考えたので、全て削除することにしました。なお、新たに作成した解答例は、司法試験受験後、可愛い後輩ちゃん達にあげようと思っています。

 

 

 というわけで、第2版を持っている人が本書に買い換える必要性は低いと感じました。新たな事例だけコピーすれば十分だと思います。まぁ、自分含めた本書の大ファンは、結局買い換えるんですけどね笑。

 

 そして、おそらくこれが年内最後のブログ更新になります。司法試験過去問はあまり進んでいませんが、クリスマス・年末年始を楽しんだ後は、口述対策に本腰を入れようと思います。振り返れば、非常に充実した1年でした。感謝の気持ちだけは忘れず、2021年も楽しく生きて行きます。良いお年を!

令和元年司法試験行政法

 こんにちは、アポロです。時々過去問生活11日目、今日は令和元年司法試験行政法を解きました。

 完全な初見ではないですが、実際に答案を書いたのは初めてです。かかった時間は120分でした。

 細かい反省・解答筋等ではなく、端的に、採点実感から学んだことについて書きます。

 

 

〜採点実感から学んだこと〜

設問1は、引用すべき条文をほぼ全て引用して適切に論じられているため、「優秀な答案」といえる

・いつもの悪い癖で、条文を無駄に解説してしまったため、かなり時間をロスした。

設問2(1)は、C市に対する土地所有権確認請求訴訟で争うことができることを指摘し、最低限の検討を加えているが、判決の効力について言及できていないため、「一応の水準」の答案といえる

処分の無効を前提とする「現在の法律関係に関する訴えによつて目的を達することができないもの」について、単に無効確認訴訟の方が「抜本的解決が可能だから」というにとどまり、具体的に無効確認判決の効力など、紛争解決という目的との関係でどのようなメリットがあるのかについて具体的に示していない答案が多かった。

自分は「C市に対する所有権確認訴訟に勝訴してもB県が明渡裁決をするおそれがある」旨のことを書いたが、「無効確認判決の効力」という論点を明示できていない。そのため、これは結局「抜本的解決が可能だから」とだけ述べているに等しい。当然のことであるが、直感的に思いついたことは、それを法的議論に昇華させて論じる必要がある。

設問2(2)は、会議録に記載された事情のうち主たる点を指摘して検討しているものの、考慮されるべき利益を比較衡量する際の視点を法解釈の中から導き出すことができていないので、「一応の水準」の答案といえる

土地収用法第20条第3号の要件が、事業によって増進される公共の利益と、土地収用によって失われる利益……の比較衡量によって判断されるべきものであることを述べていないため、本件土地周辺の地下水や防災用の井戸への影響や本件土地の自然環境への影響が、なぜ裁量権の行使に際して考慮すべき事情なのか適切に説明できていない答案が多かった。本問に限らず一般的に、裁量権の行使に際して考慮すべき事情が何であるかを検討する際には、根拠法令の適切な解釈が前提となることに留意されたい。

いわゆる「考慮要素の重みづけ」が重要であることは知っていたが、法1条を含めた条文全体から自然環境等を保護する趣旨が読み取れないと思ったので、ただ単に事実を書き写して「考慮不尽」等と述べる答案になってしまった。法1条の「公共の利益」の解釈をするようなことは全く考えなかった。これは解き方のパターンとしてストックする。

 

 

 こんな感じですかね〜。伊藤塾の再現答案10通を参考にした限り、自分の答案でも普通にAはつくと思います(おそらくAの中位)。やはり、配点35点の設問1がぶっちぎりで書けているのが大きいです。また、配点30点の設問2(1)も、相対的に見ればかなり書けている方だと感じました。ただ、設問2(2)は、最後の方でやや時間不足になったので、後半にいくにつれて雑になったのは残念です。

 では、どうすればAの中でも上位答案になったのか。まず、前回の反省点だった「どの事実を抽出するか悩んでいる時間が長い」という点については、大幅に改善することができました。特に設問2(2)は事実を書き写すだけである程度答案が書けてしまう問題だったので、「迷っている時間があるなら書き写すべき」と考え、文字通り事実を書き写しました。次に、前回の反省点だった「厳密な意味での余事記載が多い」という点については、今回もあまり改善できませんでした。確かに、違法性の承継の検討において、条文の文言をそのまま書き写すようなことはしていません。しかし、一言で説明できる条文を長々説明したりする箇所が多く、やはり無駄が多いです。この点、公法系1位の方の再現答案は、条文の引用の仕方が秀逸で、非常に参考になります。このような無駄な作業がなければ、設問2(2)の検討をもっと丁寧にすることができ、Aの中でも上位答案になった可能性があります。次回こそは、この点を改善します。

 

 今日の一曲…Hardwell & Quintino - Woest

令和元年司法試験憲法

 こんにちは、アポロです。時々過去問生活10日目、今日は令和元年司法試験憲法を解きました。

 完全な初見ではないですが、実際に答案を書いたのは初めてです。かかった時間は120分でした。

 細かい反省・解答筋等ではなく、端的に、採点実感から学んだことについて書きます。

 

 

〜採点実感から学んだこと〜

「虚偽表現の自由」の制約として論じている答案が散見されたが、問題となるのは「表現の自由」であり、「虚偽の事実を流布する」ことが表現の自由として保障されるか、という観点で論述をすべきであろう。

自分は「虚偽表現の自由」の制約として論じてしまったが、これは論理的に問題がある。このように、冒頭の書き方一つで憲法の理解不足を露呈することがあるので、気をつける。

明確性の観点から、「虚偽」の要件の適用がもたらし得る問題について全く検討しない答案が相当数あったが、本問の特質は、「虚偽」の判断が恣意的となる危険性であり、その萎縮効果に着目すれば、やはり「虚偽表現」の明確性について丁寧に論じるべきであろう。

自分は「公共の利害に関する事実」という文言のみを明確性の観点から論じ、「虚偽」という文言について全く検討しなかった(定義規定あるし明確だろ、と考えた)。しかし、恣意的運用のおそれがある規定であることは明らかであり(内容規制の議論ともリンクする)、定義規定を参照しても明確とは言い難いため、「虚偽」の方を正面から論じるべきであった。

立法措置①は表現内容規制であり、かつ、問題文中で指摘されている現行法上の諸法規と異なり、特定の個人的法益侵害に限定せず、広く社会的法益を保護するために、虚偽表現をする目的や対象、媒体、主体の限定をせずに規制するものであり、表現に対する制限の程度が著しい表現内容規制である。

「表現内容規制である」ということすら指摘し忘れた。ここは多くの人が普通に書いてくるだろうし、本問でも重要なポイントなので、大きなミスである。人権ごとの処理手順・ポイントを確認した上で、アウトプットに磨きをかける必要がある(予備論文受験時よりも確実に実力が低下している)。

立法措置②について、発信者の表現の自由SNS事業者の表現の自由の双方を指摘できている答案は少なく、誰の権利が問題となるのかを明確に意識せずに表現の自由を論じているものがあった。

「発信者の表現の自由」の検討を落とした。過去の司法試験でも似たようなパターンが出ているので、過去問をしっかり検討していた人にとっては「お決まりパターン」だったのかもしれない。憲法における司法試験過去問の重要性を再確認した。

立法措置②も、表現内容規制と言い得るものであり、表現の自由への制限の程度は相当に重い。

立法措置①と同様、これも検討できていない。

SNS投稿者の表現の自由保障という視点に立つと、自分の投稿が同意なく削除され、かつフェイク・ニュース規制法(案)第13条の損害賠償免除規定からして、特定虚偽表現ではない表現を事業者が削除しても、故意または重大な過失がない場合には免責されるため、事業者による予防的な過剰削除の危険がある。このような点を指摘している答案については高く評価することができた。

そもそも、法案13条を指摘し忘れたので、論外である(SNS事業者の不利益性緩和という形で使うつもりだった)。上記のような当てはめは参考程度にとどめ、まずは「ページを跨ぐ事実や条文の引用を落とす」という悪い癖を直す必要がある。

適正手続の観点から問題があると論じるものについても、成田新法事件の基準を提示し、総合衡量の要素を当てはめるといった丁寧な論述をしている答案はあまりなかった。

SNS事業者の不利益性が大きい」という反対利益で考慮しただけで満足してしまった。苦手な判例なので、再度の出題対策・短答対策として復習する必要がある。

 

 

 こんな感じですかね〜。伊藤塾の再現答案10通を参考にした限り、これでも一応Aはつくのかな、という感じがしました。確かに、自分の答案は重要事項をいくつも落としているため、Aの中でも下の方だと思います。しかし、B以下の答案は、形式的正当化だけを論じるもの・SNS事業者の表現の自由について一切検討しないもの・北方ジャーナル事件の基準を採用するもの・営業の自由のみを論述するものなど、自分の答案よりも致命的なミスをしていると思いました。採点実感によれば、自分が落とした部分は多くの人も落としたようなので、相対的にみれば、致命傷は負ってなかったのだと思います(ただし、内容規制の議論を落としたのは致命傷となり得る)。やはり、司法試験では「完全解答」や「模範解答」はあまり参考にならないと感じました。そうではなく、「自分の実力は相対的にどの程度なのか」「何ができたらもっと点数が伸びたのか」という観点から再現答案を分析することの方が圧倒的に重要だと思います。勉強の方向性だけは間違わないように気をつけながら、過去問演習を続けていきます。

 

 今日の一曲…Khalid - Winter

平成30年司法試験刑事訴訟法

 こんにちは、アポロです。時々過去問生活9日目、今日は平成30年司法試験刑事訴訟法を解きました。

 完全な初見ではないですが、実際に答案を書いたのは初めてです。かかった時間は119分でした。

 本問は、採点実感よりも出題趣旨から学ぶことの方が多かったので、主に出題趣旨から学んだことについて簡単に書きます。

 

 

〜出題趣旨から学んだこと〜

・設問1①は、「本件が被害額100万円の詐欺事案であること」を落とした。具体的数字が問題文に記載されている以上、当てはめでそれを使わない理由はない。

・設問1②は、「みだりに個人の営業拠点である事務所内を撮影されない自由」が制約されている旨のことを冒頭に明示していないため、①との対比が読み取りづらくなっている。また、「同事務所は、住居ほどではないとしても、公道などとは異なりなお私的領域たる性格が認められる場所」である等と評価できれば、住居内を撮影する場合との比較の観点から、説得的にプライバシー侵害の強度を測定することができた(ただ単に「室内の撮影は強度のプライバシー侵害である」と述べるのみでは、具体的事実に着目できておらず、不十分である)。いずれにせよ、当てはめの際には、対比の視点を答案上に表現する意識が重要である。

・設問2小問1は、伝聞例外の要件検討の際に、条文の文言を引用していないのはまずかった。特に、単に「供述不能」と認定したのみで「身体の故障」という文言に当てはめていないのがまずい。条文軽視の姿勢では点数が伸び悩むことの典型例といえる。伝聞証拠該当性はもっと簡潔に書き、伝聞例外の要件をもっと丁寧に検討すべきであった(得点を取る嗅覚の問題)。

・設問2小問2は、特に非伝聞証拠として用いる場合について、若干説明不足な感じはあるが、十分書けているとは思う。

 

 

 こんな感じですかね〜。今回も、応用論点も含めて網羅的にバランス良く書けたので、上位答案を書けたと思います。今回のテーマは、「問題文の事実を全て拾う」でした。被害金額を落としたのは悔しいですが、他はほぼ全ての事実を拾うことはできたので、目標達成と言って良いかと思います。他方で、反省点は、対比の意識が薄かったこと(設問1②)、条文の要件を軽視していること(設問2小問1)です。なので、次回のテーマは、①「対比の意識を持つ」、②「条文の要件検討は丁寧にする」にします。

 

 今日の一曲…Dimitri Vegas & Like Mike vs. Vini Vici & Liquid Soul - Untz Untz

 

 P.S. 今日で勉強開始から2年が経過しました!特に書くことも思いつかなかったので、1年前の記事のリンク載せときます笑

aporo104.hatenablog.jp